京土産施設

京銘菓

聖護院八ッ橋総本店

住所:京都市左京区聖護院山王町6番地
TEL:075-761-5151 / FAX:075-771-2114

創業元禄2年の伝統を誇る京名物・聖護院八ッ橋

八橋検校は江戸時代前期、筝曲を極め、「六段の調べ」に代表される多くの名曲を残すなど、近世筝曲の開祖と讃えられています。歿後、黒谷の常光院に葬られましたが墓参の絶えること無く、それから四年後の元禄二年(1689年)、琴に似せた干菓子を「八ッ橋」と名づけ、黒谷の参道である聖護院の地にて売り出しました。 これが、八ッ橋の始まりです。
当社、聖護院八ッ橋総本店は、以来320余年間、八ッ橋を製造し続けてきました。
八ッ橋といえば一般的に思い描かれるようになったのは、生八ッ橋につぶあんを包んだ生菓子、「聖(ひじり)」です。
つぶあん入り生八ッ橋「聖(ひじり)」は、昭和三十五年(1960年)、祇園祭の前日祇園一力亭にて毎年開かれている表千家のお茶会で誕生いたしました。
こしあんを生八ッ橋で包んだお菓子に、即中斎宗匠に「神酒餅(みきもち)」とのお名前を頂戴し、お客様をおもてなしいたしましたところ、お客様にご好評いただきました。
この「神酒餅」が原点となり、つぶあんを生八ッ橋で包み、「聖」として商品化することとなりました。

むしこ窓に大提灯、
のれんのゆれる本店玄関

聖護院八ッ橋

当店の看板商品

聖護院八ッ橋

創業元禄2年以来守られ続けた伝統銘菓。

生八ッ橋

白く柔らかいニッキの香りほのかな生菓子。

聖(ひじり)

生八ッ橋につぶあんを包んだ京の味の代表。

このような方にご利用いただいております

観光にいらっしゃる方々の手土産にも、また、地元の方々にも、お楽しみいただけるような商品を取り揃えております。

取扱商品例

聖護院八ッ橋(袋・箱入各種)

箱入 ¥540〜

霜の橋

¥432〜

生八ッ橋

¥540〜

聖=ひじり(にっき・抹茶等)

¥525〜

聖旬菓(旬の素材のあん入)

¥525〜

施設の詳細

営業時間 8:00〜18:00
定休日 1月1日のみ
クレジットカード JCB、DC、UC、VISA等デビッドシステム
外国語の対応 不可 
支店のご案内 【熊野店】東山通丸太町東北角(熊野神社前)
【清水店】京都市東山区清水坂
【稲荷店】京都伏見稲荷神社参道
駐車場 有 6台
地方発送 可 お電話にても承ります(お代金後払い)
ホームページ http://www.shogoin.co.jp

岡崎(平安神宮・美術館)東山(南禅寺・永観堂)御所などのエリアが、
当店からの徒歩圏内です。

アクセス

■JR京都駅から 市バス206「熊野神社前」下車
■京阪「丸太町」駅下車 東へ徒歩2分

※料金等は予告なく変更になることもございますので、ご了承下さい。