妙法 午後8時10分点火

妙は松ヶ崎西山 ― 万灯籠山
法は松ヶ崎東山 ― 大黒天山

涌泉寺及び妙円寺の各寺の檀家の人々は、当日朝墓参し送り火の点火により先祖の精霊を送るのである。なお点火の際「妙」の山で読経が行われる。送り火終了後、午後9時頃から1時間涌泉寺で「題目踊」「さし踊」が行われる。

宝が池公園より

宝が池公園より

宝が池公園より(火床)

松ヶ崎題目踊り

護摩木の受付

受付はしていません。

火床

「妙」「法」とも鉄製の火床を使用し、その上に松割木を井桁に約1m積み重ねる。
妙の火床103,縦横の最長約100m,法の火床63,縦績の最長約70m。

よく見えるところ

【妙】北山通(ノートルダム女学院附近)
【法】高野川堤防(高野橋北)