旧三井家下鴨別邸 能楽講座

シリーズ「はじめての能!」開催!~“謡と小鼓”で花開く能の世界~

歴史ある建物で、能の、豊かで奥深い世界に触れてみませんか?

 

 旧三井家下鴨別邸では、能の魅力を身近に感じていただく能楽講座「はじめての能!“謡と小鼓”で花開く能の世界」を開催します。

 

講師は、若手能楽師として数々の舞台に立ちながら、大学で能楽や和歌など古典の魅力を伝える、能楽師ワキ方の有松遼一氏です。

 

 「うたい」

 

能の詞章にフシやリズムが付いたものを、謡(うたい)といいます。能では、いちばん重要な表現要素です。

謡のことばとうたの力で、能舞台の空間に、曲中の情景や人物の心象をリアルに描いていきます。

この謡を頼もしく支えてくれるのが、お囃子。力強く、繊細に、色彩豊かに謡にいっそうのパワーを与えてくれます。

 

スペシャルゲストに小鼓方の林大和氏をお迎えし、謡と小鼓の"おいしい関係"を、解説付きのライブでお楽しみいただきます。能の見方を知り、実演の迫力を間近に体感できる貴重な機会です。

 

旧三井家下鴨別邸の通常非公開エリアの主屋2階座敷で、奥深い能の魅力にふれてみませんか?

能がはじめての方も、有松先生がわかりやすく解説してくださいますので是非ご参加ください。

 

『好評の能入門講座、謡と小鼓編』

 有松先生、今回の内容は?

今回は、お囃子にスポットライトをあてます。
謡い手とお囃子は、お互いにどのようにシグナルを送っているのでしょうか? そこには、ジャムセッションにも似た、深い関係があるのでした‥‥。
この続きは、講義にて・・・。ご参加お待ちしております!

旧三井家下鴨別邸 シリーズ「はじめての能!」ってなあに?
「能」って聞いたことはあるけれど、どんな舞台芸能?少し興味はあるし、ちょっとその見方を教えてもらったら……。そんなあなたのための、能の面白さを学ぶ講座です。

※写真は全てイメージです。

開催日
平成30年4月15日(日) 午前10時30分/午後2時 (所要時間 各90分)
会場名
重要文化財 旧三井家下鴨別邸 2階座敷(通常非公開エリア)
住所:京都市左京区下鴨宮河町58-2
交通:市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分、市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分

※駐車場がございません。公共交通でお越し下さい。

定員
各回 25名(先着順)
内容
①講義
②謡と小鼓の実演鑑賞
③お抹茶・お菓子賞味
講師
能楽師 有松遼一
ゲスト講師 林大和(幸流小鼓方)
有松遼一
能楽師ワキ方高安流。谷田宗二朗師・飯冨雅介師に師事。公益社団法人能楽協会会員。京都大学文学部卒業、同大学院博士課程(国文学)研究指導認定退学。京都大学・同志社女子大学非常勤講師。京都を中心に、大阪・東京・名古屋・九州・北海道など、数々の舞台に出演。海外公演や子どもたちへのワークショップ・学校公演にも多数参加。大学の講義では能楽や和歌など古典の魅力を伝える。能が現代に生きる芸能・舞台芸術であることを問い続ける。
林大和
能楽師幸流小鼓方。父・十三世林吉兵衛師に師事。公益社団法人能楽協会会員。京都囃子方同明会会員。8歳で独調《小鍛冶 キリ》初舞台。京都を中心に多くの舞台に出演、これまで《猩々乱》《石橋》《道成寺》など数々の大曲を披く。父とともに「林木双会」を主宰。パリ・ロンドン・ブルガリア・テネシーにおいて海外公演に参加。京都・大津・彦根・岡山・三島・浜松・岐阜羽島などに稽古場を開設し、広く能楽の魅力を伝えている。
受講費
おひとり 3,000円(税込)
※入館料が別途必要です(大人410円、中高生300円、小学生200円)
※当日受付にてお支払いください。
申込方法
事前申込み制です。電話またはメールでお申込みください。
電話でのお申込み
京都市観光協会 Tel:075-213-1717(平日9:00~17:00)
メールでのお申込み

以下の内容を記載のうえ、送信してください。
  • ①イベント名「はじめての能!」
  • ②午前の部 又は 午後の部 ※希望する部を記入してください
  • ③代表者氏名
  • ④参加人数
  • ⑤電話番号
  • ⑥FAX番号
  • ⑦メールアドレス
<お申込み受付回答>
返信メールでの回答をもって予約の成立といたします。
金曜日の午後5時以降及び土・日・祝日にお申込みメールを送信いただいた場合、返信は休み明けになります。

※迷惑メール対策をされている場合、ドメインgmail.comのメールを受信できるよう設定願います。

▲トップへ戻る