旧三井家下鴨別邸 能楽講座

シリーズ「はじめての能!」第三弾 開催!~“祝言”でひもとく寿ぎの能 新春編~

歴史ある建物で、能の、豊かで奥深い世界に触れてみませんか?

 

 旧三井家下鴨別邸では、能の魅力を身近に感じていただく能楽講座「はじめての能!」シリーズ第三弾「“祝言”でひもとく寿ぎの能 新春編」を開催します。

 

講師は、若手能楽師として数々の舞台に立ちながら、大学で能楽や和歌など古典の魅力を伝える、能楽師ワキ方の有松遼一氏です。

 

 「高砂や、この浦船に帆を上げて」。

 

結婚式などで一度は耳にした事がありませんか?これは能《高砂》の一節です。

能の演目の中で、神様が主人公となる「脇能」というジャンルがあります。

この《高砂》には、祝言・長寿・夫婦和合など、おめでたい要素がいっぱい。

一番オーソドックスな構成の能でもあり、舞台演出の基本要素も詰まっています。

 

今回は、旧三井家下鴨別邸という特別な場所で、謡の実演を聴いて新年をお祝いしながら、「祝言」という角度で能の味わい方を学ぼう!という贅沢な企画です。

 

もちろん、初参加の方も大歓迎!通常非公開の主屋2階座敷にて、有松先生のわかりやすい講義で、楽しい時間をお過ごしください。

 

『好評の能入門講座、新春編』

有松先生、今回の内容は?

まずは、「あけましておめでとうございます」。

ここの、祝いの言葉。字面や形式だけ? でも口にすると、なんだか心が新鮮で清らかに…。

実は、これが言葉の魔力なんです。そして、能はこの言葉のパワーを舞台でフル活用!

「祝言」というキーワードから、能の奥深くて大胆な世界をご案内します。

謡の実演もあります。

そして、今回はお祝い用の短い謡も特別伝授!

旧三井家下鴨別邸 シリーズ「はじめての能!」ってなあに?
「能」って聞いたことはあるけれど、どんな舞台芸能?
少し興味はあるのに、敬遠してしまう方が多いのではないでしょうか。ちょっと見方を教えてもらったら。そっと背中を押してもらったら……。そんな方々のために、能の面白さを学ぶ講座です。

※写真は全てイメージです。

開催日
平成30年1月21日(日) 午前10時 (所要時間 90分)
会場名
重要文化財 旧三井家下鴨別邸 2階座敷(通常非公開エリア)
住所:京都市左京区下鴨宮河町58-2
交通:市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分、市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分

※駐車場がございません。公共交通でお越し下さい。

定員
30名(先着順)
内容
①講義
②お抹茶・お菓子賞味
講師
能楽師 有松遼一
有松遼一
能楽師ワキ方高安流。谷田宗二朗師・飯冨雅介師に師事。公益社団法人能楽協会会員。京都大学文学部卒業、同大学院博士課程(国文学)研究指導認定退学。京都大学・同志社女子大学非常勤講師。京都を中心に、大阪・東京・名古屋・九州・北海道など、数々の舞台に出演。海外公演や子どもたちへのワークショップ・学校公演にも多数参加。大学の講義では能楽や和歌など古典の魅力を伝える。能が現代に生きる芸能・舞台芸術であることを問い続ける。
受講費
おひとり 3,000円(税込)
※入館料が別途必要です(大人410円、中高生300円、小学生200円)
※当日受付にてお支払いください。
申込方法
事前申込み制です。メールまたは電話でお申込みください。
メールでのお申込み

以下の内容を記載のうえ、送信してください。
  • ①イベント名「はじめての能!」
  • ②代表者氏名
  • ③参加人数
  • ④電話番号
  • ⑤FAX番号
  • ⑥メールアドレス
<お申込み受付回答>
返信メールでの回答をもって予約の成立といたします。
金曜日の午後5時以降及び土・日・祝日にお申込みメールを送信いただいた場合、返信は休み明けになります。
迷惑メール対策をされている場合、ドメインgmail.comのメールを受信できるよう設定願います。
電話でのお申込み
京都市観光協会 Tel:075-213-1717(平日9:00~17:00)
申込み締め切り
1月18日(木)※締め切り前でも、定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

▲トップへ戻る