旧三井家下鴨別邸 公開一周年記念事業 ~ 文化財保護技師による特別講演会 × 文化財活用に見る伝統芸能響演 ~

 昨年10月1日の一般公開開始から一周年を迎える旧三井家下鴨別邸では、これを記念して、9月30日(土)に、公開一周年記念事業を開催します。

 

第1部では、平成19年から約4年間に及ぶ保存修理事業に携わった文化財保護技師を講師に招き、文化財の保存と活用をテーマに記念講演を開催!

 

第2部では、長唄三味線・二胡の伝統楽器に能語りや舞を加えた伝統芸能の響宴をお楽しみいただきます!

 

開催日
平成29年9月30日(土)午後2時(所要時間約2時間) ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。
会場
重要文化財 旧三井家下鴨別邸 主屋2階座敷(通常非公開エリア)
住所:京都市左京区下鴨宮河町58-2
交通:市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分、市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分

※駐車場がございません。公共交通でお越しください。

内容
第1部 講演会 文化財保護技師による特別講演
第2部 演奏会 文化財活用に見る伝統芸能響演


【第1部】
・講演内容
重要文化財施設 旧三井家下鴨別邸の未来への保存継承について
近代名建築の保存修理事業に携わった文化財保護技師から見る文化財の保存と活用について
・講演会講師
文化財保護技師(建造物) 松村大輔
京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課(同局元離宮二条城事務所兼務)
平成24年3月:神戸大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程前期修了
平成24年10月から:現職
平成26年10月から平成28年12月:旧三井家下鴨別邸主屋ほか二棟保存修理工事に主任補佐として従事(主屋一般図作成)
【第2部】
・出演者
能語り・舞 満茶乃 ‐ Masano / 長唄三味線 三宅良 / 二胡 泉貴子
・出演者プロフィール
満茶乃 ‐ Masano(能語り・舞)
福地空果梨堂(フクチウッカリドウ)主催。日本文化イベント企画 兼 パフォーマー。親子イベント『うっかり母ちゃんの にほんばなし』の他、能楽や古典を題材に、自ら台本を作る『能がたり』『古典怪談』など独自の話芸を持つ。京都・東京を中心に他芸能とコラボも。
三宅 良(長唄三味線)
和楽器の文化を広めるため、演奏会やワークショップといったイベントを企画。子供向けワークショップ「ペットボトル三味線を弾いてみよう!」、他の楽器や朗読とのコラボなど幅広く活動をしている。
泉 貴子(二胡)
2003年 二胡の楽器の形に魅せられて二胡をはじめる。 2010年"iroha "という二胡と尺八とピアノの女性3人のユニットを結成。現在irohaの活動を主に、関西を中心にいろいろな場所で演奏活動をしている。
定員
30名(申込順)
参加料
無料
※入館料が別途必要です(大人410円、中高生300円、小学生200円)
申込方法
※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

▲トップへ戻る