下鴨神社の南、木立に包まれて建つ豪商・旧三井家の別邸。大正14年に三井家木屋町別邸にあった明治期の主屋を移築し、玄関棟などを増築して完成しました。明治から大正期までに整えられた大規模別邸の屋敷構えがよく保存されており、高い歴史的価値を有していることから、平成23年に重要文化財に指定されました。

▲トップへ戻る