山鉾の説明

十六世紀、室町時代後半に経済力を蓄積した京の町衆によって盛んに催された風流踊りを再現したもの。風流傘を中心に、囃子方、踊り手で構成される。この風流踊りは全国各地に伝わり様々な芸能を生み出すとともに、江戸時代以降の盆踊りの原型ともなっている。

室町洛中風俗列

鞨鼓童・太鼓打童

側踊り

← 室町幕府執政列  |  楠公上洛列 →