山鉾の説明

徳川幕府は大礼、年始等の際には必ず城使を上洛させ、皇室に対して礼を厚くしました。城使には親藩あるいは譜代の諸候が選ばれました。
行列の先頭をゆく槍持、傘持、挟箱(はさみばこ)持の掛声、動作は当時の行列のありさまを偲ばせるものです。

徳川城使上洛列

長持

狭箱持・槍持

駕籠

← 幕末志士列  | 江戸時代婦人列 →