山鉾の説明

御賢木(おんさかき)を先頭に、御鳳輩を中心とする神幸の本列です。
先の御鳳輦が孝明天皇、後の御鳳輦が桓武天皇で即ち御神祭がこの京都を御巡幸になって、市民の安らかな様を親しくご覧になるのであって、全各行列は、この御神祭におともをして行進するわけで、本行列中、主たる意義をもつ列です。

神幸列

神幸列

← 前列  |  白川女献花列 →