山鉾の説明

巴御前(木曾義仲のちょう愛をうけ、義仲没後尼となったと伝えられています。)
横笛(建礼門院の雑仕女で滝口の武士斎藤時頼と恋におち、嵯峨へ時頼を尋ねて行く姿です。)
常盤御前(源義朝の夫人で、義朝亡き後、三児を連れて六波羅へ名乗り出るところです。)
清少納言と紫式部(式部は藤原宣孝の妻で、源氏物語の作者。清少納言は清原元輔の女で、枕草子の著者。前者は女官の略装であり、後者は正装です。)
紀貫之の娘(貫之は延喜の頃の名歌人でその娘。)
小野小町(小野良貞の女で才色ともにすぐれた人。)
和気広虫(和気清麻呂公の姉で、慈悲深く多くの孤児を養育した人。)

巴御前

常盤御前

紫式部と清少納言

小野小町

和気広虫・和気広虫童女

← 藤原公卿参朝列  |  延暦武官行進列 →