文化芸術の都として栄えた京都では、平安時代から仏画を中心とした宗教画や中国から伝わった「唐絵(からえ)」、国風文化の頃には日本国土の風景や風俗を描いた「やまと絵」が発達しました。鎌倉後期には中国から「水墨画」が伝わり、室町時代には雪舟や狩野正信など、才能豊かな絵師たちが京に集まり、日本の絵画の礎を築いていきます。

やがて、安土桃山時代には、巨匠・狩野永徳に代表される狩野派や狩野派のライバルと言われた長谷川等伯、海北友松(かいほうゆうしょう)らが台頭し、時の権力者に重用され隆盛を極めていく「日本の絵画の黄金期」が到来します。なかでも室町時代から400年にわたり続いた狩野派は「日本絵画史上最大の画派」として君臨していきます。

こののち、江戸中期以降には「円山(まるやま)派」「四条派」「岸派」「原派」「琳派(りんぱ)」など文人画や写生画の諸派が生まれ、また江戸後期から明治時代にかけては、「浮世絵」や「文人画」が中心となり、日本の近代化に伴い「西洋画」が本格的にもたらされます。

明治以降も、日本初の公立絵画専門学校「京都府画学校」(現在の京都市立芸術大学)が開設されるなど、京都は日本の絵画の中心として美術界を牽引し続けています。

第53回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開では、狩野派と長谷川等伯の作品を中心に数多くの貴重な絵画を公開いたします。ぜひこの機会に、冬の京都で「日本の絵画」の世界をお楽しみ下さい。

※一部の作品については、公開期間中展示替えが行われます。

 
京都で活躍した絵師たち

江戸狩野の礎を築いた中興の祖 狩野探幽 (かのうたんゆう)

1602年(慶長7年)~1674年(延宝2年)

 永徳の孫で「永徳の再来」と称された天才絵師。江戸幕府の御用絵師(ごようえし)として活躍し「江戸狩野」の礎を築いた。代表作として、豪壮な二条城二の丸御殿障壁画や、瀟洒端麗と称される画風で探幽の代表作の一つとなった、「京の冬の旅」公開寺院・大徳寺 本坊の水墨障壁画「山水図」「芦雁(ろがん)図」(重文)などがある。

探幽の作品に会える寺

※このほか二条城展示収蔵館においても狩野探幽の作品を公開します。

永徳の画風を継いだ京狩野の祖 狩野山楽 (かのうさんらく)

1559年(永禄2年)~1635年(寛永12年) 生誕460年

 巨匠・永徳の弟子となった絵師で、京都に留まり摂関家や大寺院の御用をつとめ活躍した「京狩野」の祖。永徳から受け継いだ大画様式に装飾性豊かな画風で、その代表作の一つが今回の「京の冬の旅」で公開される妙心寺 天球院の絢爛豪華な障壁画や本法寺の「唐獅子図(からじしず)屏風」である。

山楽の作品に会える寺

奇怪な造形美を生み出した山楽の娘婿 狩野山雪 (かのうさんせつ)

1590年(天正18年)~1651年(慶安4年)

 山楽の娘婿で、山楽の作風を引き継ぎながら、「奇怪」とも称される幾何学的な構図や精密な描写が特徴の独創的な画風を確立。妙心寺 天球院の障壁画のほか、屏風絵などの現存作がある。山雪の残した画論を息子・永納(えいのう)がまとめたものが、日本人による最初の本格的な絵画史『本朝画史(ほんちょうがし)』である。

山雪の作品に会える寺
  • 妙心寺 天球院:障壁画「竹虎(たけとら)図」「梅に遊禽(ゆうきん)図」「籬草花(まがきそうか)図」(重文・複製)など

狩野派のライバル 桃山画壇の雄者 長谷川等伯 (はせがわとうはく)

1539年(天文8年)~1610年(慶長15年) 生誕480年

 能登国七尾から上洛して狩野派などの画風を学び、千利休や豊臣秀吉らに重用されるようになった狩野派のライバルともいうべき画壇の雄者。金碧障壁画と水墨画の両方で独自の画風を確立し多彩な作品を残した。代表作は、「京の冬の旅」公開寺院・智積院(旧祥雲寺)の絢爛豪華な金碧障壁画「楓(かえで)図」(国宝)と本法寺の精緻な「日堯(にちぎょう)上人像」(重文)である。

等伯の作品に会える寺
  • 建仁寺 両足院:「水辺童子図」「竹林七賢図屏風」
  • 智積院:「楓図(国宝)」
  • 本法寺:「佛涅槃図(重文・複製)」「日堯上人像(重文)「日通上人像(重文)」「妙法尼像(重文)」「波龍図(はりゅうず)屏風」
  • 妙心寺 龍泉菴 :「枯木猿猴(こぼくえんこう)図(重文・複製)」

その他の主な作品

渡辺了慶 (わたなべりょうけい)
(不明-1645)

海北友雪 (かいほうゆうせつ)
(1598-1677)

  • 妙心寺 麟祥院 :障壁画「雲龍図(一部複製)」「瀟湘八景(しょうしょうはっけい)・西湖図」

伊藤若冲 (いとうじゃくちゅう)
(1716-1800)

堂本印象 (1891-1975)

  • 智積院:障壁画「婦女喫茶図」「松桜柳(しょうおうやなぎ)の図」

 
日本の絵画が鑑賞できる展覧会・イベント

「京の冬の旅」キャンペーン期間中に日本の絵画が鑑賞できる展覧会やイベントをご紹介します。非公開文化財特別公開とあわせて、ぜひお越しください。 ※予告なく展示内容が変更になる場合がございます。展示内容や割引料金等については各箇所へ直接お問合せ下さい。

京都国立博物館

特集展示 京の冬景色

 国宝「法然上人絵伝」(知恩院蔵)をはじめ、冬ならではの京の風景が描かれた作品を紹介します。

期間 平成30年12月18日(火)~平成31年1月27日(日)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は翌日休館)、12/25~1/1
開館時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
※金・土曜日は20:00まで開館(最終入館19:30)
料金 大人 520円、大学生 260円

お問い合わせ
TEL 075-525-2473/京都市東山区茶屋町527
https://www.kyohaku.go.jp/jp/

京都文化博物館

北野天満宮 信仰と名宝―天神さんの源流―

「国宝北野天神縁起絵巻」「重要文化財 太刀 銘安綱 号鬼切丸 別名髭切」など、北野天満宮が所蔵する神宝をどうどう公開。

期間 平成31年2月23日(土)~4月14日(日)
休館日 月曜日
開館時間 10:00~18:00(最終入場17:30)
※金曜日は19:30まで開室(最終入場19:00)
料金 大人 1,400円、高校・大学生 1,100円、小・中学生 500円

お問い合わせ
TEL 075-222-0888/京都市中京区高倉通三条上ル東片町623番地1
http://www.bunpaku.or.jp/

櫻谷文庫 木島櫻谷旧邸(おうこくぶんこ このしまおうこくきゅうてい)

日本画家 木島櫻谷旧邸 桃の節句、特別公開

木島櫻谷旧邸の公開。お雛さまや櫻谷の作品、手描き婚礼衣装、櫻谷収集の伊藤若冲の作品などを展示。

期間 平成31年3月2日(土)~4月7日(日)の期間の土曜・日曜日と3/21(春分の日)
休館日 期間中の平日
開館時間 10:00~16:30(最終入館16:00)
料金 大人 600円、小学生 300円

お問い合わせ
TEL 075-461-9395/京都市北区等持院東町56
http://www.oukokubunko.org/

京都府立堂本印象美術館

漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演

漆芸家 堂本漆軒と弟で日本画家 印象の兄弟展。

期間 平成30年12月13日(木)~平成31年3月17日(日)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は翌日休館)、12/28~1/4
開館時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
料金 大人 500円、高校・大学生 400円、小・中学生 200円

お問い合わせ
TEL 075-463-0007/京都市北区平野上柳町26-3
http://insho-domoto.com/index-j.html

北野天満宮宝物殿

北野天満宮の至宝 第1期:刀剣×花鳥 第二期:刀剣×梅(仮題)

北野天満宮宝物より宝刀と花鳥図を厳選して展示いたします。

期間 第1期:平成31年1月1日(火祝)~2月17日(日)
第2期:平成31年2月23日(土)~4月14日(日)
休館日 2/18~22(展示替え)
開館時間 9:00~16:00受付終了
料金 大人 500円(予定)

お問い合わせ
TEL 075-461-0005/京都市上京区馬喰町
http://www.kitanotenmangu.or.jp/

相国寺承天閣(じょうてんかく)美術館

温故礼讃-百花繚乱・相国寺文化圏 Ⅱ期

金閣・銀閣の名宝と共に、国宝・重要文化財を含む相国寺文化圏の魅力を一堂に展観。

期間 第1期:平成31年1月13日(日)~3月24日(日)
休館日 無休
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
料金 大人 800円、65歳以上・大学生 600円、中学・高校生 300円、小学生 200円

お問い合わせ
TEL 075-241-0423/京都市上京区今出川通烏丸東入ル
http://www.shokoku-ji.jp/j_now.html

京都国立近代美術館

第5回コレクション展

当館の所蔵作品の中から適宜展示替を行い、日本や欧米の近代美術作品を展示。 ※一部日本画を展示予定。

期間 平成30年12月19日(水)~平成31年2月24日(日)
※京の冬の旅パンフレットには期間を平成31年3月3日(日)迄とご紹介していますが、都合により平成31年2月24日(日)迄に変更となりました。
休館日 月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は翌日休館)、12/28~1/4
開館時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
※金・土曜日は20:00まで開館(最終入館19:30)
料金 大人 430円、大学生 130円

お問い合わせ
TEL 075-761-4111/京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
http://www.momak.go.jp/

白沙村荘(はくさそんそう) 橋本関雪記念館

白沙村荘 新春展

1期(1/1~2/17)は吉祥を中心とした展示、2期(2/19~3/17)は関雪忌に向けた展示。

期間 平成31年1月1日(火祝)~3月17日(日)
休館日 無休
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
料金 大人 1,300円、大学生 500円

お問い合わせ
TEL 075-751-0446/京都市左京区浄土寺石橋町37
http://www.hakusasonso.jp/

名勝 無鄰菴(むりんあん)

特別企画 瓢亭×京あそび×無鄰菴
京の夜を体感!幽玄の和蝋燭(ろうそく)で味わい尽くす日本の絵画の世界(予約制)

老舗料亭・瓢亭にて夕食後、名勝無鄰菴にて和蝋燭で洛中洛外図屏風(高精細複製)の鑑賞・解説と特別ライトアップ茶席。

開催日 平成31年2月9日(土)・10日(日)・11日(月祝) 各回20席限定
時間 1回目17:30~19:30、2回目18:30~20:30、3回目19:30~21:30
料金 各日 23,000円
HPからも予約可 https://murin-an.jp/events

お問い合わせ
TEL 075-771-3909/京都市左京区南禅寺草川町31番地
https://murin-an.jp/

清水三年坂美術館

①「装剣金工の明治時代」 ②「調度を彩る蒔絵の美」

各企画展に加え、明治時代に発展した刺繍絵画の優品も展示。

期間 ①平成30年11月24日(土)~平成31年2月17日(日)
②平成31年2月23日(土)~平成31年5月19日(日)
休館日 月・火曜日(祝日は開館)、12/25~1/2
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
料金 大人800円、中学・高校・大学生500円、小学生300円

お問い合わせ
TEL 075-532-4270/京都市東山区清水三丁目337-1
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/

高台寺掌(しょう)美術館

特別展 豊臣の肖像(第二期)

豊臣の親族や家臣団を含めて成立した豊臣集団。秀吉達の肖像と戦国時代の暮らしを紹介。高台寺蒔絵などの工芸品も展示。

期間 平成31年1月1日(火祝)~5月6日(月休)
休館日 3/4~7(展示替え)
開館時間 9:30~18:00(最終入館17:45)
※3/8~5/6は22:00まで開館(最終入館21:45)
料金 大人 掌美術館のみ 300円、高台寺拝観+掌美術館 600円、中学・高校生 250円(高台寺の拝観含む)

お問い合わせ
TEL 075-561-1414/京都市東山区高台寺下河原町530京・洛市「ねね」2階
http://www.kodaiji.com/museum/

龍谷ミュージアム

シリーズ展3「仏教の思想と文化~インドから日本へ~特集展示:仏教美術のいきものがたり」

インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり、日本に至り社会に根付く歩みを通観する展覧会。

期間 平成31年1月9日(水)~3月24日(日)
休館日 1/17・21・28、2/4・12~15・18・25、3/4・11・18
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
料金 大人 500円、65歳以上・大学生 400円、高校生 300円

お問い合わせ
TEL 075-351-2500/京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
https://museum.ryukoku.ac.jp/

嵯峨嵐山文華館 (旧百人一首殿堂 時雨殿)

いまもむかしも 胸きゅん!嵐山 ―嵯峨嵐山文華館オープニング記念展―

2018秋リニューアルオープンの嵐山や京都の芸術・文化を紹介する「総合博物館」。嵯峨嵐山に関する絵画を一挙公開!

期間 平成30年11月1日(木)~平成31年1月27日(日)
休館日 火曜日、12/26~1/2
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
※嵐山花灯路期間中(12/8~17)は20:30まで開館(最終入館20:00)
料金 大人 900円、高校生 500円、小・中学生 300円

お問い合わせ
TEL 075-882-1111/京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
http://www.samac.jp/
support@samac.jp

※2/2から「SONGS-定家・芭蕉・蕪村・夢二」を開催予定
 
重要文化財 旧三井家下鴨別邸 「京の冬の旅」特別企画

世界遺産 下鴨神社の南、木立に包まれて建つ豪商・旧三井家の別邸。3階望楼が特徴的な主屋は、明治13年に建てられた三井家の木屋町別邸を移築した建物です。その際に玄関棟などの増築を行って、大正14年に完成しました。明治から大正の大規模邸宅の構えが良好に保存されています。

綴プロジェクト 特別展示 奇想の画家 伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」を間近でみる!
協力:キャノン株式会社、NPO法人 京都文化協会

「樹花鳥獣図屏風」は、「枡目描き」「モザイク画法」と称される手法で描かれた独特の作品です。右隻は白象が主役の「獣尽くし」、左隻は鳳凰が主役の「鳥尽くし」で、実在の身近なものから空想上の生き物まで、様々な鳥獣が群れ集う風景が描かれています。今回、綴プロジェクトにより制作された高精細複製品を展示し、実物大ならではの迫力と美しさを、間近でご鑑賞いただきます。

開催期間 平成31年2月7日(木)~3月19日(火)
※水曜休館
時間 9:00~17:00(受付終了16:30)
会場 重要文化財 旧三井家下鴨別邸 2階座敷(通常非公開エリア)
見学料 大人600円 中高生400円 小学生300円

主屋3階望楼特別公開

年1回の望楼特別公開です。当時の富裕層のステータスといわれる四方ガラス窓の望楼から望む景色は格別です。

開催期間 平成31年2月7日(木)~3月19日(火)
※水曜休館
時間 9:00~17:00
見学料 大人 800円 中高生 600円 小学生 400円
(通常公開・開催中の特別展示の料金を含む)
見学方法 当日、入場整理券配布による受付を行います。
特別公開見学方法の詳細はHPでご確認ください。 http://www.kyokanko.or.jp/mitsuike/
お問い合わせ
旧三井家下鴨別邸 TEL 075-366-4321/京都市左京区下鴨宮河町58-2
交通:JR「京都」駅から市バス205系統「葵橋西詰」、市バス4・17系統「出町柳駅前」またはJR奈良線「東福寺」駅(乗換)、京阪電車「出町柳」駅下車、徒歩約5分
 
京都 日本画新展

京都 日本画新展2019

日本画を志す創造性にあふれた若い作家の作品を展示

開催期間 平成31年1月25日(金)~2月4日(月)
開催時間 10:00~20:00(最終日は17:00閉館)
会場 美術館「えき」KYOTO(JR京都駅・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
入場料 無料

お問い合わせ
「京都 日本画新展」事務局(京都新聞COM事業局内) TEL 075-255-9758

京都 日本画新展 in 二条城 ~100人の画家・嵯峨野線を旅して~

「京都 日本画新展」出品作家100人の作品が通常非公開の二条城台所・御清所に一堂に会します!

開催期間 平成31年2月16日(土)~3月3日(日)
時間 8:45~17:00(最終入城16:00)
会場 二条城 台所及び御清所
入場料 無料 (二条城の入城料が別途必要)

お問い合わせ
「京都 日本画新展」事務局(京都新聞COM事業局内) TEL 075-255-9758

京都 日本画新展 記念シンポジウム 日本画の未来・京都の役割 ~in 先斗町歌舞練場~ 事前申し込み制

日本画と京都画壇を題材にした小説『異邦人』を手掛けた小説家原田マハ氏を招き、シンポジウムを開催します!

パネリスト 原田マハ(小説家) 他

原田マハ プロフィール
1962年 東京生まれ
2012年 『楽園のカンヴァス』(新潮社)で第25回山本周五郎賞受賞
2015年 『異邦人』(PHP研究所)
2017年 『リーチ先生』(集英社)で第36回新田次郎文学賞を受賞
他著書多数

開催日 平成31年1月19日(土)
時間 14:00~16:00
会場 先斗町歌舞練場
入場料 無料

お問い合わせ
「京都 日本画新展」事務局(京都新聞COM事業局内) TEL 075-255-9758
詳しくはHP http://event.kyoto-np.co.jp/

 
世界遺産 二条城の早春

◆国宝・二の丸御殿大広間三の間特別入室

室内にお入りいただき、間近で狩野探幽が描いた障壁画(模写)や天井画、厚さ35センチメートルの欄間彫刻を御覧いただきます。

実施期間 平成31年1月4日(金)~1月28日(月)
※毎週火曜は二の丸御殿観覧休止
時間 8:45~17:00(入城は16:00まで)
お問い合わせ
元離宮二条城事務所 TEL 075-841-0096

二条城障壁画 展示収蔵館 原画公開第4期

探幽の孔雀~美しき写実と創作~大広間二の間・三の間に狩野探幽が描いた障壁画「松孔雀図」の原画を10年ぶりに公開します。

実施期間 平成30年12月17日(月)~平成31年2月17日(日)
※12月29日~31日は休城日のため休館
時間 9:00~16:45(受付は16:30まで)
※二条城の入城は16:00まで
料金 入館料 100円(別途入城料が必要です)
お問い合わせ
元離宮二条城事務所 TEL 075-841-0096

清流園・香雲亭で昼食~京野菜の煮物椀付~早春の二の丸御膳 (完全予約制)

非公開の香雲亭にて、庭園を眺め,「京料理いそべ」による「京野菜の煮物椀付 早春の二の丸御膳」をお召し上がりください。

実施期間 平成31年1月26日(土)~2月28日(木)
実施時間 第1部:11:30~12:30/第2部:13:00~14:00
※それぞれ、開始時刻の10分前に香雲亭までお越しください。
1日68名限定(前日16:00までに要予約)
料金 3,500円(税込・別途入城料が必要です)
予約
京料理いそべ TEL075-551-1203
12月1日(土)から予約受付開始
(受付時間10:00~16:00 12/30~1/3を除く)

▲トップへ戻る