第52回「京の冬の旅」のテーマは「明治維新150年記念」と「西郷隆盛」
近代日本の幕開けとなった慶応4年(1868)の「明治維新」から150年。また、西郷隆盛を主人公とした大河ドラマ「西郷(せご)どん」放映にちなんで、幕末・明治維新や西郷隆盛ゆかりの寺院など15ヶ所で、通常非公開の文化財を期間限定で特別公開します。
※各公開箇所ではガイドによるご案内も行っています。

明治維新・西郷隆盛…明治維新・西郷隆盛ゆかりの公開箇所

ちょっと一息

京都の「西郷(せご)どん」-西郷隆盛の子 西郷菊次郎京都市長について-
今回のテーマ「西郷どん」の息子・西郷菊次郎が、第2代京都市長というのをご存知でしょうか。西郷菊次郎は京都市三大事業など、京都の近代化に貢献しました。
詳しい功績は、「明治150年京都のキセキ」ホームページをご覧ください。
https://meiji150.kyoto/segodon/

期間

平成30年1月6日(土)~3月18日(日)

※常林寺、泉涌寺 舎利殿、伏見稲荷大社 御茶屋、相国寺 法堂・方丈、妙心寺 東海庵は1月10日(水)~の公開
※清水寺 成就院は1月27日(土)~の公開
※宝鏡寺は1月6日(土)~2月28日(水)の公開。(3月1日(木)~4月3日(火)は春の人形展を開催。)
※一部拝観休止日がございます。詳しくは各公開箇所欄をご覧ください。
※法要や悪天候等、都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。
※情報更新日以降の拝観休止・変更については、お電話でご確認ください。

時間

10:00~16:00(受付終了)

※泉涌寺 舎利殿は9:00~16:00(受付終了) / 東寺 五重塔は9:00~16:30(受付終了) / 常林寺は毎週日曜日10:00~13:00拝観休止

料金

1ヶ所 600円(いずれも団体割引あり)

※泉涌寺 舎利殿、東寺 五重塔は800円 (通常公開部分含む)
 

お問合せ

京都市観光協会 TEL 075-213-1717 (9:00~17:00/12月29日~1月3日は休み)

主催: 対象15ヶ所・京都市・公益社団法人京都市観光協会
後援: 公益財団法人京都市文化観光資源保護財団
【写真撮影/横山健蔵・山岡正剛・柴田明蘭】

★「京の冬の旅」スタンプラリー

「京の冬の旅」非公開文化財特別公開の15ヶ所の中から3ヶ所を拝観してスタンプを集めると、指定の場所で"ちょっと一服"(お茶とお菓子など)の特典が受けられます。!
期 間:平成30年1月6日(土)~3月18日(日) ⇒詳細は「京の冬の旅 スタンプラリー」ページへ


★非公開文化財特別公開ガイドブック

特別公開15ヶ所の文化財を豊富な写真でご紹介しています。
公開期間中に各公開箇所受付などで販売 1冊200円
(税込)

カメライラスト特別公開箇所での写真撮影はご遠慮いただく場合がございます。
靴下イラスト足元が冷えますので拝観の折には、厚手の靴下を用意されることをおすすめします。
お知らせ都合により、寺宝等展示物の内容が変更となる場合がございます。

 

明治維新・西郷隆盛常林寺 (じょうりんじ)京の冬の旅初公開 1/10(水)~の公開

~勝海舟が常宿にしたという「萩の寺」~

 通称「萩の寺」で知られる浄土宗の寺院。戊辰(ぼしん)戦争時に幕府側代表として西郷隆盛と会談し「江戸城無血開城」を成し遂げた勝海舟(かつかいしゅう)が京での常宿とし、時には海舟とともに坂本龍馬らも逗留したと伝わる。本堂には阿弥陀三尊像のほか、聖観音菩薩像(しょうかんのんぼさつぞう)、菊桐紋入りの衣に高下駄姿の帯刀僧形像(たいとうそうぎょうぞう)などが安置されている他、幕末から明治にかけて活躍した日本画家・岸竹堂(きしちくどう)が描いた「釈迦三尊」の壁画が残る。境内には、若狭街道を行き来する旅人にも霊験が知られていた「世継子育地蔵尊」を安置する地蔵堂がある。

※毎週日曜日は10:00~13:00拝観休止。

 

明治維新・西郷隆盛清水寺 成就院(きよみずでら じょうじゅいん) 1/27(土)~の公開

~西郷隆盛も訪れた 名勝「月の庭」~

 「清水の舞台」で知られる世界文化遺産・清水寺の塔頭寺院。幕末の勤王僧として知られた月照上人とその実弟・信海上人が住職を務めたことで知られ、ここで西郷隆盛や近衛忠煕らが集まって密談が行われたという。高台寺山を借景とした庭園「月の庭」(名勝)は古来より「雪月花の三名園」の一つに数えられた名庭。今回は、安政の大獄で幕府から追われて鹿児島湾で入水した折に西郷隆盛と月照上人が身に着けていたという衣や月照・信海両上人の木像などゆかりの寺宝も特別展示される。

※2/22(木)・23(金)は拝観休止。

  

 

明治維新・西郷隆盛泉涌寺 舎利殿(せんにゅうじ しゃりでん)京の冬の旅初公開 1/10(水)~の公開

~「御寺(みてら)」と呼ばれる皇室の菩提所~

 真言宗泉涌寺派の総本山である泉涌寺は皇室の菩提所であることから「御寺」と呼ばれ、木立に包まれた参道の先には、仏殿(重文)や舎利殿などの壮麗な堂宇が建ち並ぶ。特別公開の舎利殿は釈迦の仏牙舎利(ぶつげしゃり)を安置するお堂で、京都御所の建物を移築したもの。堂内には韋駄天像(いだてんぞう)・月蓋長者像(がつがいちょうじゃぞう)(共に重文)が祀られており、「鳴き龍」で知られる狩野山雪(かのうさんせつ)筆の天井画「龍図(りゅうず)」をご覧いただく。その他に、江戸時代最後の天皇・孝明天皇や皇女和宮ゆかりの寺宝も特別展示される。

 

東福寺 禅堂・経蔵(とうふくじ ぜんどう きょうぞう)京の冬の旅初公開

~日本最古最大の禅堂と初公開の経蔵~

 紅葉の名所として名高い臨済宗東福寺派大本山。「東福寺の伽藍面(がらんづら)」とも称され、中世の貴重な禅宗建築が残されている。貞和3年(1347)に建てられた禅堂(重文)は、参禅の場としては現存最古最大の建物で、一度に400人以上の僧が修行していたという。初の一般公開となる経蔵は、寛政5年(1793)に再建されたもので、聖一国師が中国・宋から持ち帰ったものを含め1000余りの経典を納めた八角形の回転式輪蔵がある。また鎌倉時代に記された日本初の仏教史書『元亨釈書(げんこうしゃくしょ)』等の版木なども特別公開される。

※輪蔵を回転させることはできません

※1/18(木)は12:30(受付終了)までの公開。

 

明治維新・西郷隆盛東福寺 即宗院(とうふくじ そくしゅういん)

~関白の山荘跡 西郷自筆の「東征戦亡の碑」~

室町時代に薩摩の守護大名・島津氏久の菩提を弔うため創建された東福寺の塔頭寺院。薩摩藩士・西郷隆盛と幕末の勤王僧・月照上人がひそかにここで倒幕計画を練り、鳥羽伏見の戦いでは薩摩軍が寺の裏山山頂から幕府軍に向かって砲撃を加えたと伝わる。本堂では島津家ゆかりの火鉢や重箱の他、徳川15代将軍慶喜筆の掛け軸などの寺宝を特別展示。その他境内には、西郷隆盛が自筆した「東征戦亡(とうせいせんぼう)の碑」が建つ。また鎌倉時代の公家であった関白・藤原兼実(かねざね)の山荘「月輪殿(つきのわどの)」跡である庭園も公開される。

※1/14(日)11:00~11:45頃は法要の為、本堂や書院など建物内の拝観が休止となります。
法要時間中にお越しの場合は「東征戦亡の碑」を先にご案内します。

 

伏見稲荷大社 御茶屋(ふしみいなりたいしゃ おちゃや) 京の冬の旅9年ぶりの公開 1/10(水)~の公開

~千本鳥居で名高い「お稲荷さん」の御茶屋~

 五穀豊穣、商売繁昌の神として信仰される日本全国にある稲荷神社の総本宮。特別公開の御茶屋(重文)は、寛永18年(1641)に後水尾院より御所の古御殿の一部を拝領されたもので、格調高い書院造に数寄屋造の意匠を巧みにとりいれ、宮廷好みの御茶屋の雰囲気を醸し出している。稲荷山を借景とした京都市の名勝に指定されている「松の下屋庭園」は、茶室や待合が点在する緑豊かな回遊式庭園で、庭内に佇む風雅な2階建ての「松の下屋」では、棟方志功筆の襖絵や初公開となる七大星韻図(ななだいせいいんず)壁画の内、「日昇昻韻図(にっしょうこういんず)」「火華旺韻図(かかおういんず)」と「初午ポスター原画」が公開される。(期間中、展示替えあり)

 

相国寺 法堂・方丈(しょうこくじ はっとう ほうじょう) 1/10(水)~の公開

~「鳴き龍」で知られる日本最古の法堂~

 室町幕府三代将軍・足利義満が創建した臨済宗相国寺派大本山。幕末には相国寺の寺地の一部に薩摩藩の二本松藩邸が建てられたことで知られる。慶長10年(1605)に豊臣秀頼が再建した日本最古の法堂(重文)には、狩野永徳の子・光信(みつのぶ)筆の天井画「蟠龍図(ばんりゅうず)」があり、通称「鳴き龍」として知られる。方丈は、絵師・原在中(はらざいちゅう)が室中の間に描いた「中国普陀落山図」や「琴棋書画図(きんきしょがず)」などの障壁画が残る。白砂の平庭と深山幽谷を表した枯山水庭園の対照的な2つの庭園も見どころである。

※1/15(月)、2/15(木)10:20~11:10頃は法要の為、法堂の拝観が休止となります。
法要時間中にお越しの場合は、方丈を先にご拝観いただきます。

 

相国寺 豊光寺(しょうこくじ ほうこうじ) 京の冬の旅初公開

~明治期の傑僧ゆかりの寺 閑寂の庭園~

 慶長3年(1598)、西笑承兌(せいしょうじょうたい)和尚が、豊臣秀吉の追善のために創建した相国寺の塔頭寺院。一時衰退したが、明治15年に相国寺派初代管長の荻野獨園(おぎのどくおん)和尚が再興した。鎌倉時代に作られ近年修復された本尊・釈迦如来像を安置し、方丈南と書院東には、苔や白砂を配した庭園が広がる。今回は、室町幕府第10代将軍・足利義稙(よしたね)や西笑和尚、獨園和尚の肖像画や書などの寺宝の他、幕末の剣や書の達人として知られ、獨園和尚に参禅した、山岡鉄舟の書なども公開される。

  

 

明治維新・西郷隆盛相国寺 林光院(しょうこくじ りんこういん) 京の冬の旅初公開

~鶯宿梅(おうしゅくばい)の咲く 薩摩藩ゆかりの寺~

 室町時代創建の相国寺の塔頭寺院。薩摩・島津家とのゆかりが深く、境外墓地には、幕末の「蛤御門の変」「鳥羽・伏見の戦い」で活躍した薩摩藩士が合葬される。本堂、書院などの建物は、江戸後期の仁正寺藩(滋賀県)藩邸を移築したもの。内部は「龍虎」「蓮」「松」などの水墨画の障壁画で飾られている。書院南庭には、紀貫之の娘の逸話で有名な「鶯宿梅」(開花は3月上旬~下旬、年によって異なる)があり、36枚ある花弁の色が真紅から淡紅、純白に変わるのが珍しい。

 

 

明治維新・西郷隆盛宝鏡寺(ほうきょうじ) 京の冬の旅5年ぶりの公開

~皇女和宮ゆかりの尼門跡寺院~

 代々皇女が住職を務めたことから「百々(どどの)御所」と呼ばれた尼門跡寺院で「人形の寺」としても親しまれている。本堂には江戸初期の絵師・狩野探幽筆と伝わる「秋草図」と日本画家・河股幸和(かわまたゆきかず)が手がけた襖絵があり、書院には、伝円山応挙筆の杉戸絵や円山派の絵師による障壁画が残る。幕末、徳川14代将軍家茂に降嫁した皇女和宮が、幼い頃に遊んだ「鶴亀の庭」も見どころ。その他、和宮の兄である孝明天皇遺愛の御所人形や和宮遺愛の天目台、宮中から贈られた雛人形などの貴重な人形の数々も特別展示される。

※「京の冬の旅」特別公開は2/28(水)までの公開。引き続き3/1(木)~4/3(火)は「春の人形展」を開催。

  

 

妙覺寺 (みょうかくじ)京の冬の旅初公開

~狩野派の菩提寺に残る大涅槃図~

 日蓮宗京都十六本山の一つ。荘厳な「祖師堂」には、日蓮(にちれん)聖人、日朗(にちろう)上人、日像(にちぞう)上人の三菩薩坐像が安置されている。本堂北に建つ安土桃山時代の「華芳塔堂」は、堂内に木造多宝塔「華芳宝塔」があり、扉絵は狩野派の絵師によって描かれている。さらにその中の石塔には日蓮聖人が比叡山修行中に書写した法華経を納めたと伝わる。四季折々の姿を楽しむことができる緑の苔が美しい庭園「法姿園(ほうしえん)」も見どころで、今回は狩野元信筆と伝わる幅約4.6m、高さ約5.9mの巨大な「大涅槃図(だいねはんず)」など寺宝も特別展示される。境内墓地には絵師・狩野元信、永徳などの墓がある。

京の冬の旅期間中、本堂内において、画家・塩澤文男氏によるお釈迦様と四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)の巨大仏画の公開制作を行っています。(幅約12メートル)

 

妙心寺 三門(みょうしんじ さんもん)

~京都最大の禅刹 楼上の極彩色の世界~

 臨済宗妙心寺派大本山で、46の塔頭寺院をもつ京都最大の禅寺。建武4年(1337)、花園法皇が離宮を禅寺に改めたのが始まりである。約10万坪の境内に、南北一直線に建ち並ぶ典型的な禅宗伽藍(がらん)のなかでも、特別公開される三門(重文)は、唯一鮮やかな朱塗りの建物。七堂伽藍(しちどうがらん)を一望する楼上には、観音菩薩像や十六羅漢像が祀られ、天井には絢爛たる色彩の天女、飛龍や楽器が描かれており、柱や梁、組物一面の彩色が美しい。楼上からは、妙心寺の七堂伽藍や端正な石畳の続く広大な境内が一望できる。

※1/31(水)、3/8(木)は拝観休止。

   

 

妙心寺 東海庵(みょうしんじ とうかいあん) 京の冬の旅5年ぶりの公開 1/10(水)~の公開

~凝縮された禅の庭園美 三つの名庭~

 妙心寺の塔頭寺院の中でも由緒ある妙心寺四派(しは)の一つ「東海派」の本庵で、趣の異なる美しい3つの庭で知られる。書院西庭「東海一連の庭」(史跡名勝)は、不老不死の神や仙人が住むという三島を表した枯山水庭園。書院南庭は、七坪の空間に一直線に並ぶ大小7個の石と、波紋を描くような白砂が印象的な坪庭。また方丈南には、一木一草もない一面の白砂の「白露地(はくろじ)の庭」が広がる。書院には、狩野派の絵師が手がけたと伝わる障壁画が残る。

※2/1(木)~3(土)は拝観休止。

  

 

明治維新・西郷隆盛東寺 五重塔(とうじ ごじゅうのとう)

~京都の象徴(シンボル) 日本一高い五重塔~

 世界文化遺産に登録された真言宗総本山。平安京造営時に国家鎮護のために創建され、のちに弘法大師空海に下賜(かし)された。徳川三代将軍家光が再建した五重塔(国宝)は、高さ約55mの日本一高い木造塔で、幕末、鳥羽伏見の戦いでは西郷隆盛が塔に登って戦況を眺め指揮をとったという。特別公開の初層内部は極彩色の文様で彩られ、密教の根本仏・大日如来に見立てた心柱を囲んで金剛界四仏が安置されている。また薬師三尊像を祀る金堂(こんどう)(国宝)、21体の仏像(うち16体が国宝、5体が重文)が立体曼荼羅を形成する講堂(重文)など密教美術の宝庫といわれる諸堂も拝観できる。

  

 

明治維新・西郷隆盛大黒寺(だいこくじ) 京の冬の旅初公開

~寺田屋事件を偲ぶ 出世開運の「薩摩寺」~

 幕末動乱の舞台となった伏見に建つ、通称「薩摩寺」と呼ばれる出世開運、金運などのご利益がある真言宗の寺院。江戸初期、薩摩藩邸が近くに置かれ、薩摩藩主・島津家の守り本尊である大黒天が祀られていたことから、藩の祈祷所とされた。幕末には、西郷隆盛や大久保利通が度々集い、会談を行ったとされる部屋が残されており、今回は志士たちゆかりの書や歌、肖像なども特別展示される。また、境内には、西郷隆盛が建てたという薩摩藩士・有馬新七ら寺田屋殉難9烈士の墓がある。

  

▲トップへ戻る