山鉾の説明

前祭

長刀鉾
NAGINATA HOKO

鉾先に大長刀をつけているのでこの名で呼ばれる。古来「くじとらず」で毎年必ず巡行の先頭に立つ。 生稚児の乗るのはこの鉾だけである。

函谷鉾
KANKO HOKO

鉾の名は中国の孟嘗君が鶏の声によって函谷関を脱出できたという故事による。 鉾頭の月と山型とは山中の闇をあらわし、真木には孟嘗君、その下に雌雄の鶏をそえている。

菊水鉾
KIKUSUI HOKO

町内の井戸、菊水井にちなんで名付けられ、鉾頭には金色の透かし彫の菊花をつけ、真木には彭祖像をまつる。 昭和27年に再興され、昭和の鉾としての偉容を示している。

月鉾
TSUKI HOKO

鉾頭に新月型をつけていることから、この名で呼ばれる。真木のなかほどに月読尊をまつる。 屋根裏の草花図は円山応挙の筆。胴懸にはインドやトルコの絨毯を用いている。

鶏鉾
NIWATORI HOKO

天下がよく治まり訴訟用の太鼓に苔が生え鶏が宿ったという中国の故事の心をうつしたものという。 鉾頭の三角形の中の円形は鶏卵が太鼓の中にある意味をあらわすといわれる。

放下鉾
HOKA HOKO

鉾の名は真木のなかほどに放下僧の像をまつることに由来する。 鉾頭は日・月・星の三光が下界を照らす形を示す。前懸・胴懸には花文様のインドやペルシャの絨毯がある。

岩戸山
IWATO YAMA

天岩戸を開いて天照大神の出現させる日本神話から取材している。 山とはいえ鉾と同じく車輪をつけた曳山で、鉾柱のかわりに屋根上に真松を立てている。
 

船鉾
FUNE HOKO

神功皇后の説話により鉾全体を船の形にし、舳先に金色の鷁、飛龍文様の舵をつける。 鉾の上には皇后と磯良・住吉・鹿島の三神像を安置する。
 

山伏山
YAMABUSHI YAMA

山伏姿の御神体は、八坂の塔が傾いたときに法力によってそれを直したという浄蔵貴所の大峰入りの姿をあらわしている。 左手に数珠、右手には斧を持ち、腰に法螺貝をつけている。

孟宗山
MOSO YAMA

筍山ともいい、御神体は病身の母を養う孟宗が、雪の中で筍を掘り当てた姿をあらわしている。 唐人衣装に笠をつけ右手に雪をかぶった筍、左手には鍬を肩にかついで立つ。

太子山
TAISHI YAMA

聖徳太子が四天王寺建立にあたり、自ら山中に入って良材を求めたという所伝にもとづき、 他の山が真木に松を立てているのに対して、この山は杉を立てている。

郭巨山
KAKKYO YAMA

中国の郭巨釜掘りの故事にちなみ「釜掘り山」ともいわれる。 童子を養えなくなった郭巨が鍬を振り降ろすと地中より黄金一釜が出てきた姿をあらわしている。

保昌山
HOSHO YAMA

丹後守平井保昌と和泉式部の恋物語に取材し、保昌が式部のために紫宸殿の紅梅を手折ってくる姿をあらわしている。 故事にちなみ宵山には「縁結び」のお守りが授与される。

油天神山
ABURATENJIN YAMA

古くから町内に祀られていた天神を勧請して作られた山で、油小路にあるところから油天神山とも呼ばれる。 正面に朱の鳥居を立て金箔置の社殿には天神像を安置する。

四条傘鉾
SHIJOKASA HOKO

織物の垂りなどをつけた傘と棒ふりばやしが巡行する古い鉾の形態である傘鉾の一つで、 応仁の乱以前に起源をもち、傘の上には御幣と若松を飾る。昭和60年に再興された。

蟷螂山
TORO YAMA

南北朝時代、足利軍に挑んで戦死した四条隆資の戦いぶりが中国の故事「蟷螂の斧」のようであったことから、 四条家の御所車に蟷螂を乗せて巡行したのがはじまりといわれる。

伯牙山
HAKUGA YAMA

中国の周時代、琴の名人伯牙とその友人鍾子期との物語による。 伯牙が鍾子期の死を聞いて琴の絃を断ったという故事をあらわし、御神体は手に斧を持ち前に琴が置かれている。

木賊山
TOKUSA YAMA

謡曲「木賊」に取材し、我が子を人にさらわれて一人信濃国伏屋の里で木賊を刈る翁をあらわしている。 御神体は腰に蓑をつけ、左手に木賊、右手に鎌を持つ。

霰天神山
ARARETENJIN YAMA

永正年間、京都に大火のあったとき、時ならぬ霰が降り猛火はたちまちに消えたが、 そのとき一寸二分の天神像が降ってきたのでこれを祀ったのがこの山の起こりであるという。

白楽天山
HAKURAKUTEN YAMA

唐の詩人白楽天が道林禅師に仏法の大意を問う姿である。 道林禅師は手に数珠と払子を持ち松の枝の上に座し、白楽天は唐冠をかぶり笏を持って立っている。

芦刈山
ASHIKARI YAMA

謡曲「芦刈」に基づく。故あって妻と離れて難波の浦で芦を刈る老翁が、 やがて妻との再会をはたす夫婦和合の姿をあらわす。

占出山
URADE YAMA

神功皇后が鮎を釣って戦勝の兆としたという説話による。 金の烏帽子の御神体は右手に釣竿、左手に吊りあげた鮎を持つ。

 

綾傘鉾
AYAGASA HOKO

山鉾の古い形態を残す傘鉾のひとつ。大きな傘と、赤熊をかぶり棒をもった者が鉦、 太鼓、笛にあわせて踊る棒振り囃子の行列。

後祭

北観音山
KITAKANNON YAMA

楊柳観音像と韋駄天立像を安置する曳山。 巡行時に柳の枝を差出している。天水引は観音唐草と雲龍図を各年に使用。

 

南観音山
MINAMIKANNON YAMA

本尊の楊柳観音像は悠然と瞑想をする鎌倉時代の座像。 諸病を防ぐといわれ巡行には柳の大枝を差し四隅に木彫薬玉をつける。

橋弁慶山
HASHIBENKEI YAMA

鎧姿に大長刀を持つ弁慶と、橋の欄干の擬宝珠の上に足駄で立ち、 右手に太刀を持つ牛若丸が五条の大橋で戦う姿をあらわしている。
 
 

役行者山
ENNOGYOJA YAMA

御神体として役行者と一言主神、葛城神の三体を安置。 役行者が一言主神を使って葛城と大峰の間に橋をかけたという伝承による。
 
 

鯉山
KOI YAMA

大きな鯉が跳躍し、龍門の滝を登る鯉の奔放な雄姿をあらわしている。 朱塗鳥居を立て、奥の祠に素盞鳴尊を祀る。
 
 
 

八幡山
HACHIMAN YAMA

町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請したもので、 常には町会所の庭にお宮を祀っている。山の上の祠は総金箔の美麗なもの。

鈴鹿山
SUZUKA YAMA

伊勢国鈴鹿山で道行く人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現を、 金の烏帽子をかぶり手に大長刀をもつ女人の姿であらわしている。

黒主山
KURONUSHI YAMA

謡曲「志賀」にちなみ大伴黒主が桜の花をあおぎながめている姿をあらわす。 桜の造花は戸口に挿すと悪事除けになるといわれている。

浄妙山
JOMYO YAMA

宇治川の合戦で僧兵浄妙が一番乗りをしようとすると、 一来法師がその頭上を飛び越え、先陣をとったという平家物語の一節に取材。

大船鉾
OFUNE HOKO

前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対し凱旋船鉾といわれ、 幕末以来の復興を図る。平成26年より完全復興して巡行に参加する。

※本文中の「園祭」の「ぎ」は、システム上のフォントの都合から「示」へんにて表される場合がありますが、以前より「ネ」へんが使用されています。