祇園祭について

園祭の概略や祭の規模についてご紹介します。

 祭の概略

八坂神社の祭で、毎年7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1ヶ月にわたっておこなわれる。

一般には、17日(前祭・山鉾巡行と神幸祭)と24日(後祭・山鉾巡行と還幸祭)その宵山が広く知られているが、別記のような実に多彩な祭事がおこなわれる。

 祭の性格は、単に神社や氏子達だけのものでなく、現在では京都市全体の祭りとしてくりひろげられている。
 今からおよそ1100年前の清和天皇の貞観11年(869)に、京洛に疫病が流行し、庶民の間に病人、死人が多数出た。 これは、牛頭天王(ごずてんのう、素盞鳴命ともいわれている。)のたたりであるとし、そのご機嫌をとるため神をまつり、園社(八坂神社の前身で、祭神は素盞鳴命)を信仰し、病魔退散を祈願したという。 その方法は、日本全国の国の数に準じて66本の鉾をつくらせ、それを神泉苑(中京区御池通大宮)におくり、悪疫を封じ込む御霊会をおこなったのがはじまりであると伝えられている。 その後、園社の興隆とともに、"園御霊会"とよばれ、この名が略されて単に園会とよばれるようになった。はじめのころは、疫病流行の時だけ不定期に行われたが、円融天皇の天禄元年(970)からは、毎年6月14日におこなわれるようになった。 その間、保元、平治の乱に一時絶え、足利時代に再興、足利将軍、夫人らが観覧したことが記録にのこっている。

しかし、応仁、文明の乱に京都は焼野原と化して折角の園会の興隆に一頓挫をきたしたが、すでに町衆の手に支配されていた園会に対する熱情は容易に屈せず、大乱の約30年程のち、明応9年(1500)6月には再び山鉾26基が巡行したと伝えられている。

これらが契機となり、山鉾は町衆の手によって創意がこらされ、内容外観ともに豪華、絢爛なものとなった。

永正元年(1504)6月には後柏原天皇もこの園会を観覧しているが、当時の町衆の信仰と勢力は次第に大きくなり、天文2年(1533)一向一揆に際して室町幕府は神事停止を命じたが、"神事無之共、山鉾渡し度し"と申し出るほど町衆の山鉾存続への熱意が高まっていった。

 鉾が今のような形になり、豪華な飾りをつけるようになったのは、桃山時代から江戸時代にかけて貿易がおこり、町衆階級が勃興して舶来のゴブラン織や西陣織などが競って用いられるようになってからである。

このように、この祭は1000年の伝統を誇っており、再三中断、再興をかさねて京都の歴史とともに歩んできたものである。

 祭の規模

 日本三大祭のひとつにあげられており、その歴史の長いこと、祭事がほとんど1ヶ月にわたってくりひろげられるという大規模なものであることでひろく知られている。

 また山鉾行事は、昭和54年、文化財保護法により、国の重要無形民俗文化財に指定されたほか、平成21年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。

※本文中の「祇園祭」の「ぎ」は、システム上のフォントの都合から「示」へんにて表される場合がありますが、以前より「ネ」へんが使用されています。